食中毒対策

こんにちは。

唐人町商店街のからだバランス整骨院です。

yjimage

食中毒の主な原因である細菌は、気候が暖かく湿気が多くなる梅雨から夏にかけて増殖が活発になります。

今回は食中毒対策についてお話ししたいと思います。

 

食中毒は家庭で発生することも珍しくありません。特に肉や魚には食中毒の原因となる菌やウイルスがいることを前提として考え、その取扱いに気を付けましょう。

厚生労働省では「食中毒菌を『つけない』『増やさない』『やっつける』」を食中毒予防の3原則として掲げています。

 

①『つけない』・・洗う、分ける

食中毒の原因菌やウイルスを食べ物につけないよう、こまめに手を洗いましょう。

包丁やまな板など、肉や魚などを扱った調理器具は使用するごとに洗剤で洗い、できるだけ殺菌するようにします。また、肉や魚の汁が他の食品に付着しないよう、保存や調理時に注意が必要です。

 

②『増やさない』・・低温で保存する

細菌の多くは10℃以下で増殖のペースがゆっくりとなり、マイナス15℃以下で増殖が停止します。肉や魚、野菜などの生鮮食品は購入後すみやかに冷蔵庫に入れてください。また、庫内の温度上昇を防ぐため、冷蔵庫のドアを頻繁に開ける事や食品の詰め込み過ぎはやめましょう。

 

③『やっつける』・・加熱、殺菌処理

ほとんどの細菌やウイルスは加熱によって死滅するので、しっかり加熱して食べましょう。また、肉や魚、卵などを扱った調理器具は洗って熱湯をかけるか台所用殺菌剤を使って殺菌しましょう。

 

家庭で食中毒を防ぐ6つのポイント

1・買い物

●持ち歩く時間を減らすため、肉や魚、野菜などの生鮮食品を買う順番は最後にする。

●肉汁や魚などの水分がもれないようポリ袋に入れ、氷や保冷剤等をあてる。

 

2・家庭での保存

●要冷蔵、要冷凍など温度管理が必要なものは帰宅後すみやかに冷蔵庫、冷凍庫に保存する。

●冷凍庫は-15℃以下に保ち、冷蔵庫は10℃以下、詰め込み過ぎないようにする。

 

3・下準備

●ラップしてある野菜やカット野菜もよく洗う。

●冷凍食品は自然解凍を避け、使う分だけを冷蔵庫や電子レンジで解凍する。

●使用後のふきん、タオルは熱湯で煮沸し、しっかり乾燥させる。

 

4・調理

●調理の前に手を洗う。

●肉や魚は中心部を75℃で1分間以上加熱する。

 

5・食事

●清潔な食器を使う。

●作った料理は室温に放置せずすぐに食べるか、冷蔵庫に保存する。(О157は室温でも15分から20分で2倍に増殖)

 

6・残った食品

●残った食品を扱う前に手を洗ってから、清潔な容器に保存する。

●温め直す時も加熱は十分に。味噌汁やスープなどは沸騰するまで加熱する。

●時間が経ちすぎたもの、少しでもあやしいものは捨てる。

 

食品の工夫でできる食中毒対策

ワサビや生姜、ミョウガといった薬味野菜の辛味成分や、ネギやニンニク、玉ねぎに含まれる硫化アリルには殺菌作用があります。また、梅干しや食用酢も高い防腐、殺菌作用を保つため料理に意識的に取り入れましょう。

また、食物繊維を多く含むキノコ類や豆類、海藻類のほか、乳酸菌が豊富なヨーグルトや納豆などで腸内環境を整え、免疫力を付けることも食中毒予防につながりますので積極的に食べましょう。腸内細菌のバランスを保つことで、細菌やウイルスから体を守る免疫細胞の活動が高まります。また、豚肉などに含まれるビタミンB群は、免疫力や抵抗力アップをサポートしてくれます。

 

以上のことに気を付け食中毒の季節を乗り切りましょう(^O^)/

 

——————————————-

からだバランス整骨院 (唐人町院) 福岡市中央区唐人町1丁目12番31号(唐人町商店街)

TEL&FAX: 0120-528-706

——————————————-

からだバランス整骨院(西新院) 福岡市早良区西新4丁目8番32号(フランソアビル2階)

Tell:0120-528-244

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。