夏のオススメ入浴法☆

こんにちは

唐人町商店街のからだバランス整骨院です。

yjimage

 

『夏は毎日暑くて夜もよく眠れないし、夏バテ気味・・。』

実はそんな時こそお風呂に入ると良いことをご存じでしょうか?

この季節、暑いからとついシャワーですませがちですが、夏のお風呂には様々な効果があるのです。

今回は夏のからだのダメージを癒すオススメの入浴法をご紹介します(#^^#)

 

夏は、外はうだるような暑さなのに通勤電車やオフィスではひんやり。こうした環境がストレスになって自律神経の機能が低下し、体温調節障害や血行障害を生じる場合があります。特に冷房が効いてる室内に長時間いると、血行障害が生じ手足や腰の「冷え」につながります。その結果、食欲不振・不眠・倦怠感などの夏バテの症状があらわれることも。

また、夏は肌の露出が増えるため、紫外線や強い冷房など肌の乾燥につながる要因がたくさんあります。気づかないうちに体の内と外に『夏のダメージ』を蓄積しやすい季節でもあるので注意しましょう。

お風呂には、このような夏のダメージを和らげる効果が期待できます。からだの状態に合わせてこの季節にオススメの入浴法をご紹介します。

 

●疲れをとりたい時の入浴法

『疲れたからだをシャキッとさせたい』という時には、42℃前後の熱めのお湯にサッとつかりましょう。血行がよくなり、疲労物質を早く取り除く効果が期待できます。

血行を促進する効果のある入浴剤を使ったり、好きな香りの入浴剤でリフレッシュしたりするのもオススメ。ただし、熱めのお湯に長く入りすぎると肌がカサついてしまうので、お湯につかるのは短い時間にしましょう。また、血圧が高い方、心臓が弱い方も注意してください。

 

●夜も暑くて寝付けない時の入浴法

毎日暑くて寝苦しいという時には、40℃以下のぬるめのお湯に10〜15分つかるのがオススメです。

ぬるめのお風呂には副交感神経を優位にし、気分を落ち着かせて心地よい眠りに誘う作用があります。また、体温が下がるときに眠りに入りやすくなるので、就寝1〜2時間前にぬるめのお風呂に入ると、ちょうど寝る時に体温が下がってより効果的です。

 

●冷房などによる冷えを解消したい時の入浴法

冷房などによる『冷え』を解消するには、37℃前後のぬるめのお風呂に長めに入り、冷えたからだを温めます。暑い時期にお風呂に浸かる気がしないという方でも、ぬるめのお湯にみぞおちくらいまでつかる半身浴なら、お風呂上りにも過剰に汗が残らずさっぱりできます。

 

●紫外線を浴びた肌をいたわりたい時の入浴法

浴槽にスキンケア系の入浴剤を入れ、40℃以下のぬるめのお湯にゆっくりつかります。熱すぎるお湯はカサつきの原因になるので注意してください。

つかる時間は15分ぐらいを目安にしましょう。入浴で膨潤したお肌は、入浴剤の保湿成分が浸透しやすい状態になっているため、お肌がしっとりスベスベになります。

 

お風呂に入り夏のダメージからからだを守りましょう(^O^)/

 

——————————————-

からだバランス整骨院 (唐人町院) 福岡市中央区唐人町1丁目12番31号(唐人町商店街)

TEL&FAX: 0120-528-706

——————————————-

からだバランス整骨院(西新院) 福岡市早良区西新4丁目8番32号(フランソアビル2階)

Tell:0120-528-244

 

クーラー病?

こんにちは。

唐人町商店街のからだバランス整骨院です。

yjimage

夏になるとエアコンのついてる場に行くことが多くなります。

そうすると多くなるのが体調の崩れ。

この体調の崩れのことを《クーラー病(冷房病)》と言います。

正式な病気ではなく、日本独自のものだそうです。知らなくてもかかったことのある人は案外多いはず。原因と対策をマスターしてクーラー病にならないように注意しましょう!

 

●原因は長い間クーラーにあたることによる身体の冷え❢

クーラー病というのはクーラーなどで長い間身体が冷やされることが原因となって、皮膚の下の毛細血管や汗を分泌する汗腺に異常事態が起き、体の温度が急激に下がって毛細血管の収縮を引き起こした結果、全身的な血行不良を引き起こすと同時に、ついには自律神経が障害され、身体にさまざまな症状を引き起こされる病気です。

 

●症状はいろいろ❢

身体の冷え、下痢、便秘などの胃腸症状のほか肩こり、腰痛、頭痛、疲労感、不眠、鼻水やのどの痛み、イライラ感、肌荒れ

 

初めは手先・足先だけだった冷えが膝から下、腕やうなじ、背中へと冷えを感じる部位が増えていきます。

 

☆対策☆

・エアコンの設定温度は25〜28度

・エアコンをつけっぱなしにしない

・直接風に当たらない

・自律神経を整える

(自律神経、特に交感神経の動きを良くするためには、運動をすると良いそうです。20〜30分ほどのウォーキングをすると交感神経の働きが上手になってくるようです。)

・お腹を冷やさない

 

クーラー病になってしまったら❢❢

・寝るときはエアコンを切る

・お風呂でしっかり温まる

(温かいシャワーで身体(特に首筋)を温めながら、浴槽に少しずつお湯をため半身浴がオススメ)

・冷たい飲み物は口にしない

(ホットではなく常温で可)

 

これで今年はクーラー病知らず‼

 

夏を元気に満喫しましょう(^O^)/

 

——————————————-

からだバランス整骨院 (唐人町院) 福岡市中央区唐人町1丁目12番31号(唐人町商店街)

TEL&FAX: 0120-528-706

——————————————-

からだバランス整骨院(西新院) 福岡市早良区西新4丁目8番32号(フランソアビル2階)

Tell:0120-528-244

 

食中毒対策

こんにちは。

唐人町商店街のからだバランス整骨院です。

yjimage

食中毒の主な原因である細菌は、気候が暖かく湿気が多くなる梅雨から夏にかけて増殖が活発になります。

今回は食中毒対策についてお話ししたいと思います。

 

食中毒は家庭で発生することも珍しくありません。特に肉や魚には食中毒の原因となる菌やウイルスがいることを前提として考え、その取扱いに気を付けましょう。

厚生労働省では「食中毒菌を『つけない』『増やさない』『やっつける』」を食中毒予防の3原則として掲げています。

 

①『つけない』・・洗う、分ける

食中毒の原因菌やウイルスを食べ物につけないよう、こまめに手を洗いましょう。

包丁やまな板など、肉や魚などを扱った調理器具は使用するごとに洗剤で洗い、できるだけ殺菌するようにします。また、肉や魚の汁が他の食品に付着しないよう、保存や調理時に注意が必要です。

 

②『増やさない』・・低温で保存する

細菌の多くは10℃以下で増殖のペースがゆっくりとなり、マイナス15℃以下で増殖が停止します。肉や魚、野菜などの生鮮食品は購入後すみやかに冷蔵庫に入れてください。また、庫内の温度上昇を防ぐため、冷蔵庫のドアを頻繁に開ける事や食品の詰め込み過ぎはやめましょう。

 

③『やっつける』・・加熱、殺菌処理

ほとんどの細菌やウイルスは加熱によって死滅するので、しっかり加熱して食べましょう。また、肉や魚、卵などを扱った調理器具は洗って熱湯をかけるか台所用殺菌剤を使って殺菌しましょう。

 

家庭で食中毒を防ぐ6つのポイント

1・買い物

●持ち歩く時間を減らすため、肉や魚、野菜などの生鮮食品を買う順番は最後にする。

●肉汁や魚などの水分がもれないようポリ袋に入れ、氷や保冷剤等をあてる。

 

2・家庭での保存

●要冷蔵、要冷凍など温度管理が必要なものは帰宅後すみやかに冷蔵庫、冷凍庫に保存する。

●冷凍庫は-15℃以下に保ち、冷蔵庫は10℃以下、詰め込み過ぎないようにする。

 

3・下準備

●ラップしてある野菜やカット野菜もよく洗う。

●冷凍食品は自然解凍を避け、使う分だけを冷蔵庫や電子レンジで解凍する。

●使用後のふきん、タオルは熱湯で煮沸し、しっかり乾燥させる。

 

4・調理

●調理の前に手を洗う。

●肉や魚は中心部を75℃で1分間以上加熱する。

 

5・食事

●清潔な食器を使う。

●作った料理は室温に放置せずすぐに食べるか、冷蔵庫に保存する。(О157は室温でも15分から20分で2倍に増殖)

 

6・残った食品

●残った食品を扱う前に手を洗ってから、清潔な容器に保存する。

●温め直す時も加熱は十分に。味噌汁やスープなどは沸騰するまで加熱する。

●時間が経ちすぎたもの、少しでもあやしいものは捨てる。

 

食品の工夫でできる食中毒対策

ワサビや生姜、ミョウガといった薬味野菜の辛味成分や、ネギやニンニク、玉ねぎに含まれる硫化アリルには殺菌作用があります。また、梅干しや食用酢も高い防腐、殺菌作用を保つため料理に意識的に取り入れましょう。

また、食物繊維を多く含むキノコ類や豆類、海藻類のほか、乳酸菌が豊富なヨーグルトや納豆などで腸内環境を整え、免疫力を付けることも食中毒予防につながりますので積極的に食べましょう。腸内細菌のバランスを保つことで、細菌やウイルスから体を守る免疫細胞の活動が高まります。また、豚肉などに含まれるビタミンB群は、免疫力や抵抗力アップをサポートしてくれます。

 

以上のことに気を付け食中毒の季節を乗り切りましょう(^O^)/

 

——————————————-

からだバランス整骨院 (唐人町院) 福岡市中央区唐人町1丁目12番31号(唐人町商店街)

TEL&FAX: 0120-528-706

——————————————-

からだバランス整骨院(西新院) 福岡市早良区西新4丁目8番32号(フランソアビル2階)

Tell:0120-528-244

 

 

 

 

梅雨対策☆

こんにちは。

唐人町商店街のからだバランス整骨院です。

yjimage

 

梅雨の時期、変化の激しい気温などが原因となって度々見られる体調不良(体のだるさや疲れ・食欲不振・下痢・頭痛・風邪…)。

これらの症状を避けるためにも、梅雨の時期は特に体調管理を心掛けたいものです。

そのためにも食事や睡眠などを見直し、正しい生活習慣を意識することが大切になります。

今回は運動や取り入れたい食品など、梅雨特有の体調不良を予防するポイントをご紹介します(^O^)/

 

●運動

適度な運動が◎。運動により筋肉を刺激し血行や新陳代謝を促進し、体に不要な水分や老廃物が体から排出されます。運動が苦手な人はストレッチなど簡単なエクササイズでも良いでしょう。自分の体調や体力に合わせた無理のない運動を行うようにします。また、日頃から極力エスカレーターやエレベーターの利用を避けて階段を使うなど、筋肉に働きかける事を意識してみましょう。

 

●外出

雨が降っていなければなるべく外出するようにしましょう。日光を浴びると体内時計を調整して沈みがちな気分をリセットでき、またより深い眠りへと導いてくれます。時間が取れない方は、お昼休みには外で食事をしたり少し散歩をしてみるなど、なるべく外に出る機会を作るようにすると良いでしょう。

 

●入浴

人はたくさん汗をかくと、その分汗腺の働きがよくなります。入浴する事で存分に汗をかく事ができ、また汗をかくことで気分もリフレッシュできるでしょう。寝る前に入浴すると心身共にリラックスでき質の高い睡眠が取れるようになります。

※体調不良の時に気を付けたい入浴のポイント

★入浴の時間帯・・就寝する30分前がベスト

★お湯の温度・・約40度前後のぬるま湯

★入浴時間・・約30分程度

★お湯の量・・半身浴が出来る程度

 

●睡眠

十分な睡眠を取る事は、自律神経の乱れを整え気持ちを安定させてくれます。最低でも毎日7時間は睡眠時間が確保出来るようにしましょう。また起床時間は毎朝同じ時間にすると生活のリズムを安定させる事が出来ます。

 

●食事

梅雨シーズンは胃腸の動きも衰えやすくなりがちです。この時期の暴飲暴食は胃腸に特に負担をかけてしまい体調不良の原因に。梅雨の間だけでも食事の量を通常より3分の2程減らしてみましょう。また食事をする時はゆっくりとよく噛んで食べるようにします。食べ物を口に入れたら呑み込むまで30回以上噛むと、満腹感を得られると言われています。ですのでゆっくり噛んで食べる事で暴飲暴食を防ぐ事が出来ます。

※特に摂取したい食べ物

★あずき、そら豆、大豆、昆布、あさり、きゅうり、トマト、緑茶

(利尿作用、むくみ改善)

★生姜、ネギ、にら、シナモン、しそ、ニンニク、唐辛子、海老

(発汗作用、体を温める)

★おくら、わかめ、セロリ

(ストレス緩和)

★お米、さつまいも、長芋、かぼちゃ、とうもろこし、スズキ、鯉

(調整作用)

★しそ、ゆず、ミカンの皮、さんしょう、ジャスミン

(食欲増進)

 

溜まっている疲れやだるさなどをリセットして、梅雨を元気に乗り切りましょう(^O^)

 

——————————————-

からだバランス整骨院 (唐人町院) 福岡市中央区唐人町1丁目12番31号(唐人町商店街)

TEL&FAX: 0120-528-706

——————————————-

からだバランス整骨院(西新院) 福岡市早良区西新4丁目8番32号(フランソアビル2階)

Tell:0120-528-244

紫外線対策☆

こんにちは。

唐人町商店街のからだバランス整骨院です。

yjimage

夏が近づいてくるにつれて、日差しが徐々に強くなってきましたね。

夏に気になることと言えば紫外線です。

実は紫外線の降り注ぐ量は、6月夏至の頃がピークと言われています。

今回は紫外線についての対策やオススメ食品成分をご紹介します(^O^)/

 

【紫外線とは…】

紫外線とは太陽からの光の5%ほどの割合である光線です。波長の長さによって『UVA』『UVB』『UVC』の3種類に分けられます。このうちUVCと呼ばれる最も有害な紫外線は、ほとんどがオゾン層によって吸収されてしまうため地球上には届きません。日焼けを起こす力はUVBがUVAの約600〜1000倍と言われています。

 

【紫外線は悪いもの…?】

紫外線を浴び続けることで体に現れる影響は様々あります。日焼けは体が紫外線による被害を防ごうとする防衛反応なのです。シミやシワなど紫外線による肌の老化を『光老化』といい、どれも私たちの老化をうながすものばかりです。また、皮膚の老化には活性酸素も関わっています。紫外線を浴びると体内に活性酸素が発生し、皮膚を構成している細胞膜を酸化させてしまいます。ここに紫外線を吸収したメラニン色素が集合すると、シミをつくる原因となってしまうのです。紫外線は肌への影響以外にも白内障や皮膚がんを招く原因の一つと考えられています。

しかし紫外線は悪い影響だけではありません。実は紫外線にも利点があります。

●ビタミンDの生成

人は太陽の光を浴びると体内でビタミンD 合成を促進します。ビタミンDはカルシウムの吸収を助け、骨を強くするビタミンです。体内でのビタミンD合成は日陰でも効果がありますので、適度な外出が必要です。

●殺菌効果

紫外線には殺菌作用があります。下着やまな板、布巾などを直射日光に当てて乾かした方がよいと言われるのはこのためです。食品や医薬品など様々な分野でこの紫外線の殺菌作用を利用し、衛生管理が行われています。これからの季節は特に注意が必要になりますので、お天気の良い日はなるべく外に出して乾かすようにしましょう。

 

【対策】

●肌を出さないような服装

やはり紫外線を浴びないことが第一です。日傘や長袖の服、帽子、サングラスで紫外線をカットしましょう。

●日焼け止めクリームを使う

選ぶ際には、SPFやPAといった表示を参考にしましょう。

SPF(UVBに対する防止効果のこと、また後の数字は何もつけていない時と比べた防止効果の倍数です。)

PA(UVAの防止効果。PA+【効果がある】、PA++【効果がかなりある】、PA+++【効果が非常にある】と表します。)

 

【紫外線予防のオススメ食品成分】

★ビタミンC

コラーゲンの生成を助けると共に、しみの原因となるメラニンの生成を抑え、メラニン色素を還元するという美白効果があります。

(ブロッコリー、赤ピーマン、キウイフルーツ、ネーブルオレンジ)

★ビタミンE

活性酸素の影響で細胞膜が酸化されるのを防ぐ効果があります。ビタミンCと一緒に摂ることで相乗効果が期待できます。

(うなぎ、かぼちゃ、ほうれん草、アーモンド)

★B-カロテン

B-カロテンそのものにも強力な活性酸素抑制効果がありますが、体の中で必要な分だけビタミンAとなります。ビタミンAには皮膚の免疫機能を維持する働きがあります。

(鶏レバー、人参、モロヘイヤ)

★ポリフェノール

ポリフェノールとは植物に多く含まれる色素や苦味の成分です。ほとんどが植物に存在し、その種類は300種類以上あり野菜や果実などに多く含まれています。

紫外線によって増加する活性酸素を除去する抗酸化作用は、ビタミンCやビタミンEに負けないくらい強力な作用があることが期待されています。

(ブルーベリー、ココア、ぶどう、緑茶、そば、しょうが)

 

しっかりとした対策でこの時期の紫外線を乗り切りましょう(^O^)/

 

 

——————————————-

からだバランス整骨院 (唐人町院) 福岡市中央区唐人町1丁目12番31号(唐人町商店街)

TEL&FAX: 0120-528-706

——————————————-

からだバランス整骨院(西新院) 福岡市早良区西新4丁目8番32号(フランソアビル2階)

Tell:0120-528-244

 

 

五月病?

こんにちは。

唐人町商店街のからだバランス整骨院です。

五月病とは?        yjimage1MW2PSCJ

五月の連休を過ぎたあたりからうつ的な状態になることを『五月病』といっています。

真面目すぎる人や頑張りすぎる人は、新しい環境に過剰に適用しようとして自分を抑え込んでしまいます。

その結果大きなストレスを感じてしまい、発症しやすくなります。

今回はストレス解消に効果のある食べ物をご紹介します(#^^#)

 

ストレスは環境や人間関係によるものもありますが、実は栄養不足からくる肉体的なストレスもあります。ストレス解消に効果のある食べ物を積極的に摂るようにしましょう!

 

●ビタミンB1

豚肉・うなぎ・たらこ・イクラ・大豆・カシューナッツ・玄米

ビタミンB1が不足すると、エネルギーが不足して疲れやすくなったりイライラしたりします。

 

●ビタミンC

赤や黄色のピーマン・ブロッコリー・苺・レモン

ストレスを感じるとビタミンCは失われてきます。健康な体を維持することもストレス発散には必要です。

 

●カルシウム

乳製品・小魚・モロヘイヤ・小松菜・切り干し大根

カルシウムが不足すると神経が興奮してイライラする原因になります。

 

●マグネシウム

玄米・そば・乾燥ワカメ・いわし

カルシウム同様に不足すると神経が興奮してイライラ度が増します。マグネシウムには神経を鎮静化する作用が元々あるので、マグネシウムを含む食品を積極的に摂りましょう。

 

バランスの取れた食事をとり、五月病やストレスに負けない体作りを目指しましょう(^O^)/

 

——————————————-

からだバランス整骨院 (唐人町院) 福岡市中央区唐人町1丁目12番31号(唐人町商店街)

TEL&FAX: 0120-528-706

——————————————-

からだバランス整骨院(西新院) 福岡市早良区西新4丁目8番32号(フランソアビル2階)

Tell:0120-528-244

 

よもぎの薬草風呂☆

こんにちは。           image

唐人町商店街のからだバランス整骨院です。

 

季節の変わり目は、朝夕の寒暖差で自律神経が乱れ、体調を崩しやすい時期です。

 

新しい環境で新たなスタートを切る人も多い春は、特に緊張やストレスで心も不安定になりやすいものです。

 

今回はそんな様々な身体の不調を抱えがちな春にオススメの薬草風呂を紹介します(^O^)/

 

春の代表的な薬用植物といえば『よもぎ』です。よもぎはキク科の多年草で河原や野原、道端など様々なところに自生しています。

よもぎは体質の改善にお茶や青汁として引用したり、怪我をしたときにはよく揉んで傷に貼り付けたりと利用法は実に様々。

お灸をすえるのに使用するモグサの原料としても有名ですが、入浴剤としての利用もそのひとつです。

 

●爽やかな香りで心身共にリラックス

よもぎの葉にはビタミン類やカロテン、クロロフィルなどの成分を含みますが、その爽やかな若草の香りはシオネールなどの精油成分によるもの。

シオネールは自律神経を調整し、心を穏やかに落ち着かせる働きで知られている注目成分です。

そのためよもぎを使った薬草風呂で、よもぎの香りに包まれながらゆったりと入浴すれば、心身共にリラックスして気持ちをリフレッシュさせる効果が期待できます。

また、よもぎの香りがもたらすリラックス効果には睡眠を促す働きもあるので、心と身体の疲れをしっかり癒し、睡眠の質を高めたい人にはまさにオススメなのです。

 

●肩こり、腰痛、冷え対策にも

よもぎの精油成分には身体を温める働きもあります。

これが入浴の温熱効果を高めるので、よもぎを使った薬草風呂は肩こりや筋肉の疲労、冷え対策に良いことで知られています。

 

●よもぎの薬草風呂の楽しみ方

生のよもぎを5〜10本ほど細かく刻み、水から煮出したものを煮汁だけこして浴槽の湯に加えよく混ぜます。

 

他にも、よく乾燥させたよもぎの葉を布袋に入れ、浴槽で水から沸かす方法もあるようです。

 

このようによもぎを使った薬草風呂は、春に生じがちな不調の予防対策にうってつけです。よもぎの爽やかな香りで心身共にケアをして、季節の変わり目を不調知らずで乗り越えましょう!

アロマ☆

こんにちは。                                                  yjimage

唐人町商店街のからだバランス整骨院です。

 

今回は体のだるさを解消するアロマをご紹介したいと思います♪

 

季節の変わり目は、特に理由もなく身体がだるくなったり、なんだか不安になったりするものです。

特に冬から春にかけて、季節の中で一番不調をお越しやすいと言われています。

季節の変わり目に起こる体のだるさをアロマを使って、上手に解消していきましょう!

 

☆なぜアロマがいいのか?

アロマ(精油)=身体と心を癒す香りです。

その香りというのは鼻、つまり嗅覚で捉えます。嗅覚は「難しいことを考える」「計算する」「論理を立てて行動する」という知的なことは一切通さずに、「本能」「感情」に直結する凄いところなのです。なのでアロマを嗅いだり、他に何か香りのするものを嗅いだりして「懐かしい」「〇〇を思い出す」など香りで何かを思い出すことはありませんか?それは嗅覚がもつ、本能や感情が働いていることになります。よって自分の好きな香りをかぐと、自律神経やホルモンバランスが整い心や身体に作用するようになります。

 

☆アロマ(精油)の効能

●ペパーミント

清涼感でたちまち視界がクリアになる

●ローズマリー

集中力アップ&記憶力アップ作用で能率アップ

●ユーカリ

空気の浄化、殺菌作用でお部屋も爽やかに

●ラベンダー

リラックス作用がある

●グレープフルーツ

柑橘の中でもデトックス作用ナンバーワン!だるさスッキリ作用にぴったり

●オレンジ

心から元気つけてくれる癒しの香り

 

アロマディフューザーを使ったり、浴槽に入れたりして好きな香りを楽しんでみてください(^O^)/

 

 

——————————————-

からだバランス整骨院 (唐人町院) 福岡市中央区唐人町1丁目12番31号(唐人町商店街)

TEL&FAX: 0120-528-706

——————————————-

からだバランス整骨院(西新院) 福岡市早良区西新4丁目8番32号(フランソアビル2階)

Tell:0120-528-244

 

 

 

ハーブティー☆

こんにちは。                                            yjimage

唐人町商店街のからだバランス整骨院です。

 

春先は三寒四温といわれるように気温が一定しないため、交感神経と副交感神経のバランスを崩しがちです。

そうなると気分もすぐれずやる気がでない、イライラする、アレルギーがでやすくなるなど不調をきたしてきます。

今回は身体の調子を整えながら気分を上向かせてくれる「ハーブティー」をご紹介します(^O^)/

 

ハイビスカス

ルビーのような赤色で酸味が特徴のハイビスカスは、クエン酸やビタミンCを多く含んでいるので、肌荒れや疲労回復におすすめです。カリウムも多く含み利尿作用によりむくみも解消してくれます。

 

カモミール

ほのかな甘みと青リンゴのような爽やかな香りのカモミールは、「マザーズハーブ」とも呼ばれている優しいハーブです。カモミールには神経を鎮めリラックス作用があるとされ、眠る前に飲むと身体が温まり安らかな眠りに導いてくれます。

 

ローズヒップ

ローズヒップは咲き終わったバラの実で、古くからビタミンCが多く含まれる美白のハーブとして知られています。食物繊維ペクチンも豊富で便秘解消のハーブティーといえばローズヒップです。食物繊維はビタミンCと併せて摂取した方がより高い効果につながると言われています。

 

ペパーミント

春の悩みといえば花粉症。花粉症とはアレルギー反応のひとつで、その反応を抑える働きがあるのが独特な爽快感をもつペパーミントです。

ペパーミントに含まれるミントポリフェノールの優れた抗アレルギー作用が、花粉症の鼻づまりやくしゃみなど、鼻の不快な症状を和らげてくれると最近注目されています。

 

春だからこそ気分一新、新しい季節をフレッシュな気分で迎えましょう(^O^)/

 

——————————————-

からだバランス整骨院 (唐人町院) 福岡市中央区唐人町1丁目12番31号(唐人町商店街)

TEL&FAX: 0120-528-706

——————————————-

からだバランス整骨院(西新院) 福岡市早良区西新4丁目8番32号(フランソアビル2階)

Tell:0120-528-244

菜の花☆

こんにちは。

唐人町商店街のからだバランス整骨院です。

 

今回は春の訪れを感じさせてくれる野菜『菜の花』についてご紹介します(^O^)/

 

野菜の中でも栄養価がかなり高く、ビタミンCはほうれん草の4倍、カロチンもピーマンの5倍です。

ビタミンCやカロチンは、抵抗力を高めて風邪予防や美肌に効果がある他、高血圧、動脈硬化予防、貧血予防にもなります。

また、酢を加えると整腸作用があり大腸がん予防もできるので、おひたしに酢を加えることもおすすめです。

カリウムも豊富で高血圧の予防や治療中の方の食事にも向いています。

 

ただし独特の苦味があり苦手な人も多いと思われますので、料理で工夫をすれば少量でも栄養価の高い食事を摂ることができます。

 

(食べる時の注意)

 

●花が咲く前のつぼみの段階で食すのが鉄則。花が咲いてしまうと「えぐみ」もでるので食べるのが困難になります。

●豊富に含まれるビタミンCは水溶性なので、茹ですぎたり、水にさらし過ぎないようにする。

●油で手早く炒めるなど、油脂と一緒に食べることでカロチンの吸収率を高めることができます。

●買ってきてすぐに食べないときは、加熱してから冷蔵か冷凍するのがおすすめです。

 

春の野菜を美味しくいただきましょう(^O^)/

——————————————-

からだバランス整骨院 (唐人町院) 福岡市中央区唐人町1丁目12番31号(唐人町商店街)

TEL&FAX: 0120-528-706

——————————————-

からだバランス整骨院(西新院) 福岡市早良区西新4丁目8番32号(フランソアビル2階)

Tell:0120-528-244